« 白い季節の到来 | トップページ | 3本目 »

2006年12月23日 (土)

5歳の君へ

お誕生日おめでとう。

君と初めて遇ったのは今から5年前の雪の降る午後でした。くしゃくしゃの真っ赤な顔で、「オギャー、オギャー」と泣きながら産湯に浸かっていました。その後、この手で抱きしめたことを昨日の事のように思います。

それから早いもので5年が経ちました。今では、2本の足でしっかりと立ち、生意気な言葉の吐き、優しい気持ちも持っているようです。

二桁の数字が読めたり、テレビのヒーローもののことは良く知っている君、さ行の発音が今ひとつの君、叱られると足をバタつかせ幼い時のままの君ですが、これからもいっぱい月日を重ねていくにつれて、楽しいこと、辛いこと、悲しいことなど幾多の場面を経験すると思います。どんな場面に直面しても、意志を強く持って、どんなことにも負けず、人生を力強く歩んでください。

                  - 5歳の君に贈る言葉(父より) -

|

« 白い季節の到来 | トップページ | 3本目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141579/13166260

この記事へのトラックバック一覧です: 5歳の君へ:

« 白い季節の到来 | トップページ | 3本目 »